洗いすぎに注意

昔の人達は簡単にお風呂に入れる状況ではなかったため、お風呂に入るときには念入りに身体を洗いましょうと言われていました。

しかし、今は毎日お風呂に簡単に入ることができます。

身体は確かに汗やほこりなどで汚れますが、石鹸でごしごしするほどではないのです。

ましては、アトピーの方がごしごし身体を洗っては悪化するだけです。


お風呂に入るだけでも、身体の油分が失われるのに、石鹸をかけることによって、さらに身体の油分が失われ、バリア機能が低下してしまいます。

どうしても石鹸で身体を洗いたい場合は、必要最低限の場所だけ(脇、股部など)洗うようにするか、タオルは使わず手で優しく洗いましょう。

また石鹸はできるだけ固体が望ましいとされています。

というのは、液体のボディウォッシュなどは必要以上に多く使いすぎてしまうという傾向があるからです。

ワンプッシュが多いというのは、けして良いことではありません。

もし使用する場合は、必要以上に使わないように工夫しましょう。

ステロイドは怖い?ステロイドの誤解

アトピーの方によくある誤解の一つとしてステロイドの副作用があります。

しかし、医者がステロイド外用薬をすすめすのはなぜでしょう。

それはステロイド剤の使い方に理由があります。

一般的に言われる副作用は強力なステロイド外用薬の長期塗布によるものです。当たり前のようですが、ほとんどの医者はステロイド剤を長期に塗布するように支持しません。

ステロイドの塗り薬の上手な塗り方
○医師に決められた用量・用途・回数を守りましょう。
○場所に合わせてステロイドの塗り薬の種類と強さや基剤(軟膏、クリーム、液、貼り薬)を使い分けましょう。
○指示された場所にステロイドの塗り薬を正しく使い分けましょう。
顔の皮膚は、薄く反応が出やすいので、身体に処方されているステロイド剤を利用すると早くなおります。しかしこれは非常に危険なことです。
顔用には顔用、眼のまわりには眼のまわり。決められたステロイド剤をきちんと塗れば怖いことはありません。

アトピーはステロイド剤のみで治すことはもちろんできません。ステロイド剤でなおるのは一時的なものです。しかし、ステロイド剤を利用することで、じゅくじゅくした傷口を少しでも早く治すことは、それ以上の悪化を防ぐことになります。

傷口が治ってきたら保湿剤や弱いステロイド剤に切り替えましょう。

これは絶対です。傷口がないのに、強いステロイド剤を塗り続けたり、かさかさしただけなのにステロイド剤を塗り続けても意味がありません。

一過性の治療ではなく、長期的な治療を。

保湿とスキンケアによりできるだけステロイド剤を利用しない。

悪化した時のみステロイド剤を利用する。

これがアトピーと上手に付き合っていく秘訣になるでしょう。

アトピー性皮膚炎のメカニズム

そもそも、アトピーは、「原因不明」と由来するように、はっきりとした原因やメカニズムはわかっていません。

では、なぜここでメカニズムと書いたかといいますと、それは、いくつかアトピーの要因となるものが少なからず考えられているからです。

多くの重度のアトピーの方は一般的に「皮脂欠乏症」の症状と同じような状態である場合が多いと言われています。

皮膚の表面には「皮脂膜」という膜があり皮膚を保護しています。
この「皮脂膜」とは汗と皮脂が適度に交じりあって出来たもので、「皮脂膜」は皮膚が水分を保持するのを助け、しっとりとした肌を作るのに重要な働きをします。簡単にいうと、この「皮脂膜」が不足している状態が「皮脂欠乏症」です。

アトピー性皮膚炎は、遺伝的にかゆみを起こしやすい体質の人が、さまざまな「アレルゲン(抗原)」と「刺激」にさらされた時に起こる皮膚炎であると一般的に考えられ、さらに

○皮膚に皮脂が非常に少ないため充分な皮脂膜が形成されない
○皮脂膜が薄い為、皮膚表面に細菌繁殖を抑止する力がない
○角質細胞の数が少なく、皮膚の水分が不足しがちである

という、刺激の受けやすい状態にあります。皮膚のバリア機能がほぼないのですから、アレルゲンが皮膚の奥深くまで侵入することは、健康な肌の方に比べて簡単なことです。

アトピー性皮膚炎が、皮膚表面が乾燥する低湿度の環境の冬期に悪化したり、汗や雑菌が刺激となり夏期に悪化するのはこの「乾燥」とバリア機能低下による「刺激」はこれらのことより考えられます。

また、悪化の原因として、ストレスなどの精神的要因もあげられています。
子供さんの場合も大人の場合も、ストレスや寝不足によってアトピーは悪化します。

『掻くな』『掻くな』と騒いだりするのも、アトピーの方にとっては、ストレスの原因になります。

またアトピーは体質が突然変わらない限り簡単に完治する病気ではありません。そのため、アトピーとどう付き合い、どう対処するのかが必要になってきます。

そもそもアトピーっって?

アトピーとは?

アトピー性皮膚炎(以下アトピー)は乳幼児期に始まることが多く、よくなったり、悪くなったりをくり返しながら長期間続く皮膚炎で、症状は痒みのある湿疹が中心です。

アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語から由来していることからもわかるように、原因には体質的なものと環境的なものとが絡んでいると考えられていますが、まだ詳細はわかっていません。

アトピーの発症時期は人それぞれで、乳幼児期に始まったアトピー性皮膚炎が成人期まで続くこともありますし、中には成人になってから始まる人もいます。

また、湿疹がでたから即アトピーと自己判断してはいけません!
あせもやおむつかぶれでも湿疹はできるのですから、自己判断でアトピーと考えず、判断には医師の診察をおすすめします。

では、アトピー性皮膚炎のメカニズムとはどういうものでしょうか?

スキンケアの重要性

アトピーの方、アトピーのお子様を持つ方なら誰でもスキンケアの重要性はご存知のことと思います。

しかし、意外と間違ったスキンケアを繰り返して、悪化させているケースも少なくありません。

間違ったスキンケアを続けるといくらお薬を使ってもよくならないものです。⇒スキンケアの間違い探しをしてみましょう

乾燥性敏感肌って?

私たちの肌は毎日の日常生活において、日々さまざま外部刺激(気温の変化・汗・乾燥・ダニ・ハウスダスト・雑菌など)をうけています。
しかし、健康な肌の方の方ではへっちゃらなことも、敏感肌の方では外部刺激への反応は非常に大きなものです。

それは、なぜでしょう?

⇒敏感肌では何かが足りないのです。それは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。